ホーム > Blog記事一覧 > 2017 2月の記事一覧

節分

2017.02.03 | Category: お知らせ,日常,東洋医学

今日は節分で豆まきです。「鬼は外、福は内」のおなじみの掛け声で豆まきをします。

 

節分はその字の通り「ある節」を分ける日です。昔はこの日が一年の終わりの日で、次の日が新しい一年の始まり、つまり春が来たということで「立春」となります。2月3日が「節分」、次の2月4日が「立春」となります。

 

現代はカレンダーの1月1日が一年のはじめの日になりますが、東洋の占い等をされている方にはその手の事柄ではカレンダーが立春(2月4日)から始まることをご存知かと思います。これは何千年と行われてきたことですが、歴史が積み重なると色々な暦が重複して使われるため話はややこしくなります。

 

西洋医学に対して東洋医学という言い方がありますが、この東洋医学の最も重要な文献として「黄帝内経」(こうていだいけい)が知られています。書名を今の言葉に直すと、黄という帝王の内科の本、つまりイエロー・エンペラーの内科学、となります。

 

この書物は東洋医学の本ですが、その中身には東洋の占い等についても豊富に書かれています。東洋医学を学ぶ上ではその部分は飛ばして読むことが多いのですが、古代の中国では医学と占い的なことが一体となっていたことを表しています。

 

占い等は政治をするにあたって当時は必須の知識でしたが、その理論的な背景には自然環境や日常生活から導かれたものが色濃く残っています。医学と日々の生活の関係が不可分であると考えられていた時代です。

 

この養生法のような書物にご興味がある場合は是非ともお読み下さい。東洋医学の原点です。

当院へのアクセス情報

やわらぎ整骨院 上杉

所在地〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-7-20 上杉住研ビル1F
電話番号022-204-1169
駐車場※駐車場がございませんので当院近隣の100円パーキングをご利用ください。
 清算後領収書と引き換えに最大200円までお支払い致します。
休診日日曜日
院長大村 裕