ホーム > Blog記事一覧 > 2016 8月の記事一覧

チベット体操について(その2)

2016.08.16 | Category: 健康,整体,日常,東洋医学

一般的にお盆期間は8月13日から16日だそうです。
皆さんどのようにお過ごしになられたでしょうか?
私は実家が仙台から離れているのでお盆時期の行事は特になく特別な期間という感じはありませんでした。

 

今日は最終日の16日で、お盆の疲れがどっと出やすい時です。
軽い運動をしたり、ぬる目のお風呂にゆったりと入ったり心身ともに休養するのがいいかなと思います。
万一、体を痛めてしまった時はご来院下さい。

 

さて、以前書きかけで終わっていた一番目のチベット体操の話の続きです。
http://kensei-yawaragi.com/?p=1152

 

この体操を簡単に記すと、立った状態で両手を左右に開き、上から見て時計回りに回転する動きです。
とてもシンプルな体操ですが、一見して分かることは時計回りに回転しても反時計回りに回転しないということで、対称的な動きでは「ない」ということです。
これから考えられることは、この体操はある傾向を持った体のねじれ等を調整するものではないか?ということです。
つまり日頃、無意識に行っている偏った体の動きの逆の動きをこの体操がしている可能性です。

 

上に記した考察については次回以降にでも書いていこうと思いますが、これまでよくやられてきた一般的な説明はインドの医学に出ているチャクラを使った説明です。
私自身はこの手の医学に関してはバーバラ・アン・ブレナンの「光の手」(河出書房新社)ぐらいしか読んだことがないのであまり詳しくありません。
正直言ってこの手の話はかなり苦手です。なんだかアヤシすぎて(苦笑)。
しかしなんとか頑張って説明を書いてみます。

 

このチャクラというものは体にある12ヶ所のエネルギーが回転して渦を巻いて出たり入ったりする場所です。
その場所を記すと以下のとおりです。「chakra brennan」で画像検索していただくと「光の手」からと思われる分かりやすい図が出てくると思います。

 

1、頭のてっぺんに1ヶ所あり、エネルギーが回転しながら上に向かって吹き出たり逆方向に入ってきたりします

2、眉間に1ヶ所とその真後ろに1ヶ所あり、それぞれ前方向や後ろ方向にエネルギーが回転しながら出たり入ったりします

3、喉の中央に1ヶ所とその真後ろに1ヶ所あり、それぞれ前方向や後ろ方向にエネルギーが回転しながら出たり入ったりします

4、胸の中央に1ヶ所とその真後ろに1ヶ所あり、それぞれ前方向や後ろ方向にエネルギーが回転しながら出たり入ったりします

5、みぞおちに1ヶ所とその真後ろに1ヶ所あり、それぞれ前方向や後ろ方向にエネルギーが回転しながら出たり入ったりします

6、へそ下に1ヶ所とその真後ろに1ヶ所あり、それぞれ前方向や後ろ方向にエネルギーが回転しながら出たり入ったりします

7、性器の下部に1ヶ所あり、エネルギーが回転しながら下に向かって吹き出たり逆方向に入ってきたりします

 

その回転するエネルギーが何かは私には分かりませんが、この一番目のチベット体操はそのエネルギーの回転を助け、チャクラからのエネルギーの出入りをスムーズにして健康を改善するらしいのです。
なんだか分かったような分からないような説明ですが、なんとなく納得してしまう説明です。

 

次回は偏った体の動きについてのこの体操の効果について説明していきたいと思います。
こちらは私の得意分野です(苦笑)。

 

とても長くなってしまいました。最後まで読んでいただきありがとうございます。

夏の過ごし方

2016.08.14 | Category: 未分類

暑い夏ももうすぐ終わりそうです。そしてこれから秋に向かうわけですが、今からちょっと気をつけていたほうがいいと思われる日常の過ごし方について記してみたいと思います。食生活の話です。

 

夏に収穫される作物、野菜類です、これらは比較的体を冷やす働きがあるといわれています。体をゆるめ、体の中にこもっている熱を外に出す作用をします。具体的には血管を広げたり、毛穴を開いたりします。夏を過ごすのには最も適した食材です。

 

それで季節にあった食べ物つまり旬の食材を使った食事は体に良いと言われています。ここまでは何の問題もないのですが、これから気温が下がる秋へ向かうとなるといろいろと悩ましい問題が発生します。

 

夏が非常に暑かった場合は体を冷やす食べ物をつい食べ過ぎてしまいます。飲み物もそうです。そして体は夏の暑さに対応できる状態以上になってしまっています。食べ過ぎた場合は必要以上に体が冷えやすく、ゆるんでいます。

 

そこで秋が近づき気温が下がってきます。冷えやすくなっている体はすぐには対応できないので、いろいろと不調になります。風邪気味になったり、なんだか力が入らなかったり、体のエネルギーが抜けたような状態です。気分的にも落ち込んだ状態になりやすくなります。まあ、落ち着いた精神状態は「文化の秋」とか「芸術の秋」には必要ですが、何ごとも限度があります。この辺りは夏の食生活の乱れのあらわれのようなものです。男性なら毛穴が開いていて体がゆるんでいることから抜け毛が激しくなったりします。男の私としては恐ろしい事態です(苦笑)。

 

これらは季節という自然の中に生きている人間としてはすべてを避けることはできません。しかし夏の半ば頃からちょっと意識して体を冷やすような食生活を減らしていくことである程度は減らすることができます。夏の暑さを受けて育つ作物やこれから出てくるもの、例えばナスとかウリとか、あとスイカとか、またキンキンに冷えた飲み物だとかを、お盆過ぎぐらいからたくさん飲食しないように心がけるのはどうでしょうか?少しは秋への季節の変わり目を楽に過ごせるのではと思います。

 

なお、お盆期間中の当院の開院は以下のとおりです。
ご確認の上、ご来院下さい。

 

14日(休院

 

15日(月) 9時~17時 祝日受付
16日(火) 10時~21時 通常通り

夏の暑さと水分補給

2016.08.11 | Category: 健康,日常

暑い毎日が続きますね~

 

昔はこんなに暑い日は数日ぐらいしかなかったような気がするのですが、気候が極端になったのか、冬は雪が多く降ったり、夏はやたら暑い日が続いたり、体調管理の難しい日が多くなった気がします。

 

暑い夏を乗り切るために一番重要なことは、適切な水分補給をおこなうことです。皮膚の表面からも口からも水分はどんどん蒸発していきます。出て行った分を補わないと、水分不足から体温が急激に上昇したりと気温の上昇についていけなくなります。

 

しかし水分補給はかなりデリケートなものでもあります。あまりにも一度に水分を摂ってしまうとお腹をこわしたり、だるくなったりして夏バテ一直線です。世の中にはいろいろな水分補給の方法がありますが、その中から一つの方法をご紹介したいと思います。これは以前にも書いたかもしれません。

 

この方法では前もっての準備が必要です。それは日頃から1日に何回トイレで用をたしているか数えておくことです。そしてその回数が減ってきたらコップ一杯のお水を飲みます。それでも回数が戻らなければ更に量を増やして飲みます。そうやって「出る分」を参考にしながら「入れる分」を調節していくやり方です。汗が大量に出てくるとトイレの回数は減りますし、それほどでなければそんなに減りません。要は自分の体に聞くという方法です。今年は暑い日はそんなに続かないと思いますが、来年にでもお試し下さい。

 

なお、お盆期間中の当院の開院は以下のとおりです。基本的に日曜日以外は開院していますが、若干早く閉院する日がありますのでご確認の上ご来院下さい。

 

11日(木・山の日9時~17時 祝日受付
12日(金) 10時~21時 通常通り
13日(土) 9時~17時 祝日受付

 

14日(休院

 

15日(月) 9時~17時 祝日受付
16日(火) 10時~21時 通常通り

当院へのアクセス情報

やわらぎ整骨院 上杉

所在地〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-7-20 上杉住研ビル1F
電話番号022-204-1169
駐車場※駐車場がございませんので当院近隣の100円パーキングをご利用ください。
 清算後領収書と引き換えに最大200円までお支払い致します。
休診日日曜日
院長大村 裕