ホーム > Blog記事一覧 > 美容の記事一覧

MCTオイル

2017.01.12 | Category: お知らせ,健康,日常,美容

昨日、仙台ではTBCでダイエット関連の番組が放映されました。2時間ほどの番組だったのですが、その中で一番効果的だったのはMCTオイルを使用したダイエット方法でした。

 

番組放映中から効果的なダイエット方法を探している視聴者を中心にMCTオイルブームがおき、現在amazon.co.jpではMCTオイルが2つのカテゴリー(「ドラッグストア」、「食品・飲料・お酒」)でベストセラー1位になっています。

 

当院では、系列のネットショップの-なび彩-でこのMCTオイルを扱っている関係で院内でMCTオイルを販売しています。仙台勝山館のMCTオイルです。全国的に品切れ気味のこのオイルですが、-なび彩-で注文するのもよし、しかし すぐに手に入れたい場合は直接当院にご来院いただければその場で入手することができます。

 

ご購入のみのご来院も大歓迎ですので、近郊にお住いの場合は是非ともご利用下さい。

(クリックで写真が大きくなります)

 

>

チベット体操について(その4)

2016.11.21 | Category: スポーツ,健康,整体,日常,東洋医学,美容

チベット体操の1番目の体操についての最後です。

 

かなり間延びしてしまいました。

 

これまでの投稿のリンクを以下にまとめます。

 

チベット体操について(その1):http://kensei-yawaragi.com/?p=1152

チベット体操について(その2):http://kensei-yawaragi.com/?p=1186

チベット体操について(その3):http://kensei-yawaragi.com/?p=1193

 

1番目の体操については(その3)の冒頭にある動画をご覧ください。

 

この体操の特徴は一方にのみ回転することでした。頭の上から見て時計回り。普通の体操は前後・左右ともバランス良く動かします。それに対してこの体操は一方の方向のみです。

 

多くの人は知らず知らずのうちに偏った体の使い方をしています。これは利き手(ききて)や利き足(ききあし)が密接に関係しています。

 

利き手はよく知られていますが利き足はそれと同じようなもので、動かしやすい側の足(脚)を意味します。例えばボールを蹴る時に右足と左足ではどちらが蹴りやすいか考えてみて下さい。多くの人は右足の方が蹴りやすいと思います。これは利き足が右であることを意味しています。その場合、最初の一歩は右足になることが多くなります。その動きをすると右の骨盤の下のほうが前にずれてきます。反対に残された左足の上にある左の骨盤の下のほうは後ろにずれてきます。こうやって骨盤にネジレが生じてきます。

 

また右足を出しやすいということは右の股関節が開きやすいことでもあります。両足をそろえて前に伸ばして座ってもらったとき(これを長座の姿勢といいます)、右の足先が左の足先より開いている場合はこの股関節の開き方の左右差が大きいことを意味します。

 

これらの左右差は、軽いものなら例えば就寝中に周りの筋肉などが引き戻して元に戻りますが、戻しきれなかったときは左右差がだんだんひどくなってきます。歳とともにこの歪みがひどくなり体全体のバランスを崩す結果になります。

 

これを積極的に修正するには逆の動き、つまり左足を前に出し右足を後ろに出すという動きを続けるのが効果的です。そしてこの動きを行ってもらうと分かるのですが、「左足を前に出し右の足を後ろに出す動きを続ける」、これはその場で回転する動きです。回転しやすいように両手を水平に挙げて回転するとチベット体操の1番の動きそのものです。

 

この動きによって骨盤のネジレを取り、股関節の開きの左右差を解消します。チベット体操ではこの動きを一番最初に行うことで、次に続く前後の動きの体操で背骨がスムーズに動くようにします。骨盤や股関節が歪んでいると、その上に載っている背骨にネジレが入り、前後に動きにくくなります。

 

整体的な観点からは、チベット体操の最初の体操は「ネジレや左右の歪みを正す体操」になります。体が歪んできたなあと感じたり、疲れがたまってきたなあと思ったときは寝る前にでも軽く目が回らない程度に回転するのも悪くありません。慣れるまでは一度に3回転ぐらいでクラクラしますが、これぐらいだったら朝、昼、就寝前と3度行ってもらっても全く問題ありません。ぜひお試しください。

口の閉め方

2016.11.07 | Category: 健康,整体,日常,美容

寒さがより一層厳しくなり、明後日の水曜日には雪が降るかもしれないという予報が出ています。この時期は乾燥していて風邪を引きやすくなります。特に「口呼吸」は直接ノドや肺に空気を取り込むことになり、風邪を引く可能性を一層高めます。

 

もともと人の体は鼻から空気を吸い込むようにできています。外気には様々なホコリが含まれていて、それを鼻から吸い込んだ際に鼻毛でこし取ります。ホコリっぽいところで生活していると鼻毛の伸びが早くなるのもそのためです。

 

また冷たい外気が入ってきたときは鼻の中の血管が集まっているところで加湿し温めます。鼻血が出やすいのは温めるための血管がここに集まっているからです。そうやってキレイになり加湿され温められた外気がノド、肺に届きます。これに対して口から外気を吸い込んだときにはその外気が直接届いてしまい、口の中やノドを乾燥させることになります。

 

鼻が詰まっているときはまずそれを改善することが必要ですが、そうでない場合はできるだけ口を閉じて鼻で呼吸することを習慣化すべきと言われています。口を開けていることで前かがみになりやすく、姿勢にも悪影響が出て頭痛や肩こりの原因にもなります。

 

正しい口の閉め方ですが、上下の唇をそっと合わせて閉じます。次に舌を上顎に軽く押し付けます。ここで大切なことは上下の歯を接触させないことです。上下の歯の間には少し隙間ができるようにします。歯が接触していると顎に力が入り、全身が必要のない緊張状態になります。

 

気づいた時に口を閉じることをこまめにやっているとだんだんと習慣化してきます。ただ非常に忘れやすいのでご自宅だったらいろいろなところに「口呼吸注意!」と書いた紙を貼ってみたりするのも一つの方法です。

 

お試しください。

秋のやわらぎキャンペーン

2016.09.17 | Category: お知らせ,美容

秋の連休になりました。

 

秋のやわらぎキャンペーンとして「みらいのこうそ」を始めとする水やお湯、アルコール飲料等に溶かして飲むサプリのプレゼントをおこなっています。17日(土)から24日(土)までの一週間です。

 

ご来院時に1回分の小袋を選んでいただけます。

 

その1「みらいのこうそ」

enz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その2「ちょーぐると」

tyogur

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その3「みらいのエステ」

esthe

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その4「こなゆきコラーゲン」

colla

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その5「いのちのワイン」

vin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の5種類です。
各写真をクリックしていただければ関連サイトに飛びます。

 

この期間毎日ご来院いただいてコンプリートするのもよし、気に入っていただければ大きな袋をご購入されるのもよし、お楽しみ下さい。ご来院お待ちしています。
 

チベット体操について(その3)

2016.09.08 | Category: スポーツ,健康,整体,東洋医学,美容

9月になりました。

 

この夏は今までになかったような台風が来たり、やたら蒸し暑かったりしましたが今後はさわやかで過ごしやすい秋晴れになることを期待しています。

 

さて、チベット体操の続きです。その3です。過去の投稿は以下をご覧ください。

チベット体操について(その1):http://kensei-yawaragi.com/?p=1152

チベット体操について(その2):http://kensei-yawaragi.com/?p=1186

 

両手を広げてくるくる回る1番目の体操についての続きです。 どんな体操だったか思い出すために再度動画をご覧になって下さい。

 

 

さて、この体操の特徴は一方向、つまり頭の上から見て時計回りの方向にのみ回転することです。 ここにこの体操の効果を考える手がかりがあると思っています。

 

体のバランスを取るためには片一方だけではなく左右平等に動かすことが基本です。 その基本を破ってわざわざ片一方だけの動きをするというのは不思議な事です。 この体操は多くの人が意識せずに行っている偏った動作の逆の動作だと私は考えています。

 

さて、その偏った動作とはどのようなものでしょうか?

 

次回に続きます。

チベット体操について(その1)

2016.07.22 | Category: スポーツ,健康,整体,美容

お天気がめぐまるしく変わる毎日ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、ときどきみなさんにご紹介する体操にチベット体操があります。これは簡単にいうと5つの体操からなる健康法です。

 

 

名前からすると宗教的なものを感じるかもしれませんし、5つの体操を5つの「儀式」と呼ぶ場合もありますが、実際のところ特にそのような意味合いはありません。やっていることはあくまで体を動かす運動です。

 

 

この手の健康法を広める際になんだかよくわからないけれど未知の文明のすごい体操、という雰囲気を醸し出すためにこの手の名前をつけたんじゃないかと思っています。昔、日本の健康法等をヨーロッパに紹介する際に以前から知られていた禅(Zen)にからめて紹介したような感じかと思います。禅指圧(Zen Shiatsu)とか禅マクロビオティック(Zen Macrobiotics)とか・・・。

 

 

さて、実際にご紹介するときは一番最初の体操を省くことがしばしばです。これは単に施術との絡みで、この体操自体はなかなかあなどれないものがあります。その一番最初の体操は以下の動画の通りです。

 

 

両腕を左右に伸ばし、頭の上から見た時に時計回りになるようにクルクル回る動作です。逆回りには回しません。この手の動きは小学生ぐらいまでは意外とやっていたりするのですが、久しぶりにやってみると目が回って大変です。最初はいいとこ10秒ぐらいです。

 

 

このシンプルな体操にはとても興味深い効果があります。それについては長くなりそうですので次回以降に書こうかと思います。とりあえず1日5秒ぐらいから始めて少しずつ増やして30秒ぐらいできるように無理のない程度にトライしてみてください。その際、1回転目はゆっくりと回って手が家具や何かに当たらないことを確認して、その後に動画ぐらいのスピードで回ってみてください。

立っている時の姿勢

2016.07.14 | Category: お知らせ,健康,整体,日常,美容

ブログの更新を停止してずいぶんと経ってしまいました。

心機一転、週に一度はお知らせや健康に関すること、その他いろいろ書いていきたいと思います。

担当はマアルです。  

 

さて、先日患者さんと食事のマナーの話になりました。ちゃんとしたしつけを受けてこなかったマアルとしてはとてもとても恐ろしい話題です(苦笑)。  

 

そんなわけで礼儀作法で有名な小笠原流の小笠原清忠さんの書籍を何冊か読んでいます。はじめて聞くような事が多く、非常に勉強になります。  

 

その中で「立ったときの正しい姿勢」について非常に興味深いものがありました。現代人はスマホ等で前かがみになっていることが多いのですが、やはり胸を張って良い姿勢で立っているにこしたことはありません。姿勢が悪いと肩こりの原因にもなりますし、首や肩が固いと寝違えにもなりやすいですし。

 

しかし「胸を張って」と言われてもどうして良いか分かりません。小笠原清忠さんの書籍には細かな注意点の中に「耳が肩に垂れるように」というものがあります。耳や耳たぶが肩に垂れるようにイメージすると自然と良い姿勢が取れます。これを読んでからマアルも立っている時はできるだけそういうイメージをするようにしているのですが、耳が体の前に垂れてしまうこと度々です(苦笑)。首や顔が正しい姿勢をとった時に比べて前に出てしまっているんだと思います。(クリックすると画像が大きくなります)

 

standing posture

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、立ってお辞儀をするときに両手を前で組むのはマナー違反だそうです。確かに昔はそんなお辞儀をしている人は見た記憶がありませんし、特に手を前に組んで肘を左右に突き出すようなお辞儀には強い違和感を感じます。時代と共に変化するものだとは思いますが不思議な礼儀作法が流行するのも考えものだなあと思いました。 (クリックすると画像が大きくなります)

「手を前に組んでお辞儀」はなぜマナー違反なのか
http://president.jp/articles/-/17252

 

bowing

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

姿勢が気になっている時はぜひとも耳を肩に垂らしてみてください!

 

マアルでした。

 

画像は「図解雑学 小笠原流 日本のしきたり」(小笠原清忠著 ナツメ社)からです。

 

「体内リズム」と「お日様」と「電照栽培」と

2014.08.12 | Category: 日常,美容

こんにちは、マアルです。

 

仙台にはあまり台風の影響がなく、気温もちょっとだけ下がり比較的過ごしやすい数日でした。しかし明日ぐらいからまた太陽が復活して夏そのもののお天気になりそうです。

 

さて、健康を考えるとお日様が出ているときは窓ガラスを通してでもお日様に当たっている方が良いと言われています。仕事的に昼夜逆転せざるを得ない場合は仕方がないのですが、光にあたることによって体内のリズムが揃い、自律神経の働きが整います。

 

夜に寝付けない等の場合は意外と昼間に光にあまり当たっていないことが多く、体内リズムが少々狂っていることが多いと言われています。最近のお医者さんは、特に高齢者に気楽に睡眠導入剤等を処方されるみたいですが、その前にできる範囲で自然のリズムに合わせた生活を続けてみるというのも大切なことだと思います。

 

日に当たるのは良いのですが今の時期の朝9時ぐらいから午後3時ぐらいまでは日差しがきつすぎます。それでその時間帯は直接日に当たるのを避けた方が無難だと思います。

 

 

人間にとって大切な光ですが、植物にとってもとても大切なものです。県南の柴田町には「電照栽培」をおこなっているところがあります。いつも深夜に行くので何を栽培しているかさすがに聞くことができず未だに分からないのですが・・・。

 

「電照栽培」とは、夜中に照明をつけて、あたかも昼間が長いようにして花が咲く時期を早くしたり遅くしたりして出荷の時期をずらす栽培方法です。

 

2年前の写真を載せておきます。暗い道を進んでいると突然まばゆいばかりのビニールハウスがあらわれ非常に幻想的な眺めです。この周囲にも何カ所かあります。
撮影した場所はここです。

 

電照栽培

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年も少なくとも9月の末ぐらいまでは照明が点いていたので今年も同じだと思います。

とても不思議な光景です。

8月中は行ったことがないのですが9月だと間違いなく照明が煌々と輝いていると思います。

 

マアルでした。

 

ノドのはれにはレンコンを(キリッ

2014.07.08 | Category: 日常,東洋医学,美容

こんにちは、マアルです。

 

先日、大きな声を出すことがあって、それでノドがはれてとても痛いです。
いったいどうして大きな声を出したのかについてはご想像にお任せします(笑)。たぶんご想像通りだと思います。

 

さて、ノドがはれているのはノドに炎症が起こっているということなのですが、症状的には風邪とほぼ同じです。風邪の場合は風邪ウィルスがノドなどに感染して炎症を引き起こしているのですが、今回の場合はノドの酷使(笑)で炎症が起こっています。炎症の部分にはいろいろな雑菌が感染したりします。

 

症状としてはノドのはれ、痛み、熱、カスレ声等です。体全体もだるく感じます。風邪と違って鼻水はあまり出ません。それ以外は区別がつかないぐらい似ています。

 

このノドがはれているときに食べると良いと言われているものに大根、レンコン、ハチミツなんかがあります。レンコンは昔からノドのお薬みたいに言い伝えられています。特にレンコンのくびれたところ、つまり節(ふし)の部分が一番薬効があると言われています。

 

今の時期のようにレンコンの端境期(はざかいき:レンコンが出回っていない時期)である6月~8月でもレンコンが利用できるように自然食品店ではレンコンの粉末が売られていたりします。またレンコンを練り込んだ飴もあったりします。レンコンの利用方法はネットで調べてみるのは楽しいものです。「レンコン湯」(れんこんとう)とかのキーワードが参考になるかもです。

 

今回は別のことを書くつもりでしたが、熱で体がだるくって・・・。得意な(?)食べ物関係に逃げちゃいました(苦笑)。ただやっぱりノドを痛めないためには日頃からの体力作りが大切です。その前提として休養を取ること、そして良質の休養を取るためにはある程度は体から力が抜けていないといけません。リラックスするってことですね。緊張して疲れた状態で無理に運動をしたら体を壊すばかりです。

 

スミス先生やベッティ先生も書かれているように、やわらぎ整骨院・上杉のリラクゼーションコースやヘッド&アイ(へっどあい)を強くおすすめします。

 

あと動物動画を貼っておしまいにします。

 

 

ノドがはれて痛いマアルでした・・・。

「水」と「マクロビオティック」と「ワールドカップ」と「ボサノバ」と

2014.06.24 | Category: スポーツ,東洋医学,美容

こんにちは、マアルです。

 

梅雨といってもなんだか夏みたいなお天気になったり複雑怪奇な空模様です。
ただ、夏のような暑い日が続き汗をたくさんかくと、出した分だけ新たに水を摂(と)る必要があります。

 

体質改善やダイエットを考えていないのなら必要な水の量は決まっています。
「出した分」だけ摂り入れれば良いわけです。

 

「出した分」ってそんなこと分からない、という声が聞こえて来そうですが、たくさん汗をかいたなぁと思ったならいつもより多めに摂って、体が水っぽいなあと思ったら少なめにするぐらいでOKです。

 

もっとマニアックにするのなら、日頃から一日のトイレへ行く回数を記録しておいて、回数が増えたなら摂りすぎだし、減ったなら足りないと言うことで調整する方法もあります。

 

そんなことする人いないよ、と言われそうですが、昔のマクロビオティックではそうやって水分量を調整する方法が提唱されていました。男性なら一日3,4回、女性ならそれプラス1,2回。昔のマクロビオティックはとにかく水を飲まないことで有名だったので、今の普通の人ならその2倍ぐらいで良いと思います。

 

とにかく水は人間にとって欠かすことのできないものです。それが証拠に自然に発生した世界の大都市の中心部には決まって大きな川が流れています。もちろん昔の輸送のメインであった海運の関係もありますが、やはりまとまった数の人間が生きていくにはまとまった飲み水の供給源がすぐそばにあることが必要だったのだと思います。

 

今回のワールドカップの決勝戦はリオデジャネイロのマラカナン競技場で行われるとのことですが、リオデジャネイロも川にちなんだ名前です。「リオ デ ジャネイロ(Rio de Janeiro)」英語だと「River of January」つまり「1月の川」となります。ただリオデジャネイロの場合は本当の川じゃなかったのですがwww まあ近くに大きな川があるから変わらないか・・・。

 

仙台もマアルの家から近い順に「梅田川」「広瀬川」「七北田川」「名取川」とかありますね。県南だと「阿武隈川」「白石川」、北だと穀倉地帯を流れる「鳴瀬川」とか思いつきます。「梅田川」はかなり小粒だけどwww

 

次の動画はボサノバの女王とか女神とか言われたナラ・レオンが歌う「カーニバルの朝」です。これはリオデジャネイロのカーニバル、つまりリオのカーニバルを舞台にした映画「黒いオルフェ」の主題歌です。この映画についてマアルは色々と書きたいことがあるのですが、長くなったので別の機会にでもw

 

動画はリオデジャネイロの観光案内みたいになっています。3分30秒ぐらいからマラカナン競技場が出てきます。リオの街並みをどうぞ。

 

 

マアルでした・・・

当院へのアクセス情報

やわらぎ整骨院 上杉

所在地〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-7-20 上杉住研ビル1F
電話番号022-204-1169
駐車場※駐車場がございませんので当院近隣の100円パーキングをご利用ください。
 清算後領収書と引き換えに最大200円までお支払い致します。
休診日日曜日
院長大村 裕