Blog記事一覧 > 整体,日常 > 「梅雨明け」と「七夕祭り」と「花火大会」と「首の痛み」と

「梅雨明け」と「七夕祭り」と「花火大会」と「首の痛み」と

2014.07.22 | Category: 整体,日常

こんにちは、マアルです。

 

日本列島もだんだんと梅雨明けしてきていますね。
仙台を含む東北南部の梅雨明けは、例年は7月25日ごろで昨年はなんと8月7日ごろでした。

 

今年も8月7日だったら七夕祭りにかかってしまいます。それまでには梅雨明けしてすっきりして欲しいですね。

 

それから前夜祭の花火大会は8月5日(火)19時からだそうですが、地下鉄工事の関係で今年は打ち上げ場所が変更になるとのことです。
http://www.tanabata-hanabi.jp/2014/areamap/

 

仙台に住んでいると毎年のことなのであまり見に行くこともありません。ただ今回は打ち上げ場所の変更があるので例年とはちょっと雰囲気が違うかも。

 

しかし日常生活で空を見上げるということはあまりないので、花火大会の後は首が痛くなる人が増えます。見上げたら「痛っ」となったりします。そのときはすぐにやわらぎ整骨院・上杉にご来院いただければいいのですが、簡単な治し方を記します。

 

激しい衝撃で首が痛くなった場合は首の骨がずれている可能性も否定できないのですが、花火大会で見上げて首が痛くなったような場合は問題は骨ではなく筋肉などにあることが普通です。

 

まず、イスに座って首をゆっくり前後左右に倒してみます。次に右・左と横を向いてみます。あくまでゆっくりです。そして痛みが一番出てこない動きをチェックします。その出てこない動きをしてサッと脱力します。動くとき手で少し抵抗を加えるとより効果的です。

 

各動き3回ぐらいでOKです。次の日になると若干動ける範囲が広がっていると思います。そうしたらもう一度チェックして同じことを繰り返します。だいたい3日ぐらいで普通に動かせるようになります。

 

これは「間接法」と呼ばれる調整方法ですが、有名な操体法の一種でもあります。首が痛くなくても動かしにくい方向がある場合は首の骨がわずかにずれている場合があります。上記の方法で動かしやすい動きを根気強くやっているとたいていはその「ずれ」が治ります。

 

お試しください。

 

マアルでした。

当院へのアクセス情報

やわらぎ整骨院 上杉

所在地〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-7-20 上杉住研ビル1F
電話番号022-204-1169
駐車場※駐車場がございませんので当院近隣の100円パーキングをご利用ください。
 清算後領収書と引き換えに最大200円までお支払い致します。
休診日日曜日
院長大村 裕