Blog記事一覧 > スポーツ,東洋医学,美容 > 「水」と「マクロビオティック」と「ワールドカップ」と「ボサノバ」と

「水」と「マクロビオティック」と「ワールドカップ」と「ボサノバ」と

2014.06.24 | Category: スポーツ,東洋医学,美容

こんにちは、マアルです。

 

梅雨といってもなんだか夏みたいなお天気になったり複雑怪奇な空模様です。
ただ、夏のような暑い日が続き汗をたくさんかくと、出した分だけ新たに水を摂(と)る必要があります。

 

体質改善やダイエットを考えていないのなら必要な水の量は決まっています。
「出した分」だけ摂り入れれば良いわけです。

 

「出した分」ってそんなこと分からない、という声が聞こえて来そうですが、たくさん汗をかいたなぁと思ったならいつもより多めに摂って、体が水っぽいなあと思ったら少なめにするぐらいでOKです。

 

もっとマニアックにするのなら、日頃から一日のトイレへ行く回数を記録しておいて、回数が増えたなら摂りすぎだし、減ったなら足りないと言うことで調整する方法もあります。

 

そんなことする人いないよ、と言われそうですが、昔のマクロビオティックではそうやって水分量を調整する方法が提唱されていました。男性なら一日3,4回、女性ならそれプラス1,2回。昔のマクロビオティックはとにかく水を飲まないことで有名だったので、今の普通の人ならその2倍ぐらいで良いと思います。

 

とにかく水は人間にとって欠かすことのできないものです。それが証拠に自然に発生した世界の大都市の中心部には決まって大きな川が流れています。もちろん昔の輸送のメインであった海運の関係もありますが、やはりまとまった数の人間が生きていくにはまとまった飲み水の供給源がすぐそばにあることが必要だったのだと思います。

 

今回のワールドカップの決勝戦はリオデジャネイロのマラカナン競技場で行われるとのことですが、リオデジャネイロも川にちなんだ名前です。「リオ デ ジャネイロ(Rio de Janeiro)」英語だと「River of January」つまり「1月の川」となります。ただリオデジャネイロの場合は本当の川じゃなかったのですがwww まあ近くに大きな川があるから変わらないか・・・。

 

仙台もマアルの家から近い順に「梅田川」「広瀬川」「七北田川」「名取川」とかありますね。県南だと「阿武隈川」「白石川」、北だと穀倉地帯を流れる「鳴瀬川」とか思いつきます。「梅田川」はかなり小粒だけどwww

 

次の動画はボサノバの女王とか女神とか言われたナラ・レオンが歌う「カーニバルの朝」です。これはリオデジャネイロのカーニバル、つまりリオのカーニバルを舞台にした映画「黒いオルフェ」の主題歌です。この映画についてマアルは色々と書きたいことがあるのですが、長くなったので別の機会にでもw

 

動画はリオデジャネイロの観光案内みたいになっています。3分30秒ぐらいからマラカナン競技場が出てきます。リオの街並みをどうぞ。

 

 

マアルでした・・・

当院へのアクセス情報

やわらぎ整骨院 上杉

所在地〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-7-20 上杉住研ビル1F
電話番号022-204-1169
駐車場※駐車場がございませんので当院近隣の100円パーキングをご利用ください。
 清算後領収書と引き換えに最大200円までお支払い致します。
休診日日曜日
院長大村 裕